内藤政擧公 墓前供養祭

5月23日 内藤政擧公 墓前供養祭について

内藤政擧公 墓前供養祭

延岡藩最後の藩主・内藤政擧(まさたか)公(1852-1927 享年76)は、明治9(1876)年創設の女児教舎に始まり、明治34年に私立延岡女学校として経営し、明治39年に市立延岡高等女学校とし、技芸科を分離して女子職業学校を併設。昭和4年に県へ移管され、県立延岡高等女学校となるまで経営にあたりました。延岡の教育振興に力をそそぎ、女子中等教育の先駆的存在として知られています。

内藤政擧公 墓前供養祭 内藤政擧公 墓前供養祭

教育や産業の振興に尽力し、延岡の礎を築いた政擧(まさたか)公の遺徳をしのび、感謝の意を込めて、旧延岡高等女学校同窓会の藤蔭会が毎年5月23日に墓前で供養祭をおこなっています。