釈迦降誕会

4月第2日曜日 釈迦降誕会について

今から約2,500年前の4月8日、お釈迦さまがご生誕されました。そのお釈迦様のご誕生日を祝い、4月8日やその前後で「花まつり」と親しまれる「降誕会(ごうたんえ)」が行われます。

お釈迦様は、インドのルンビニーの花園でご誕生され、その際に天から竜王が舞い降りてきて、甘露(かんろ)を濯(そそ)いだと伝えられています。

このことにちなんで、小さなお堂をたくさんのお花で飾った「花御堂(はなみどう)」に幼いお釈迦様の像を安置してご誕生の様子を表し、甘露を模した「甘茶」を濯いでお祝いするようになり、「灌仏会(かんぶつえ)」ともいわれます。

当寺では、少しでも多くの方に親しんでいただきたいとの考えから、4月の第2日曜日の降誕会を行います。

お釈迦様のご誕生をお祝いすることによって、「命の大切さ・尊さ」を改めて考えいていただく良い機会として、檀家様へお伝えしていきたいと思います。