大般若会(ご祈祷)

6月第1日曜日 大般若会(ご祈祷について)

大般若会

『大般若経』とは、正式には『摩訶般 若波羅蜜多経』といいます。1,300年以上前、『西遊記』でも有名な中国(唐)の三蔵法師玄奘(さんぞうほうしげんじょう 602~664)が、16年間の旅でインド(天竺)から持ち帰ったものを、最晩年になってから4年余りの年月をかけて配下の訳経僧たちとともに翻訳(漢訳)した、あらゆる仏教典の中で最大規模を誇る経典です。字数は約500万字、全部で600巻にもなります。

大般若会 大般若会

お釈迦さまの説かれた教えの集大成である”大般若経600巻”を読み上げる代わりに、集まった僧たちが声高らかに経題を読み上げ、経典を大きく開く作法で転読し、その功徳をもって仏さまに今年1年の天下泰平・五穀豊穣などを祈願すると共に、檀信徒のみなさまの無病息災を祈念するご祈祷の法要です。

大般若会 大般若会

この所作によって起きる風(空気)に触れることで、諸願が成就するともいわれています。当寺では、この大般若転読会を、毎年6月第一日曜日に行います。

御祈祷札について

大般若会 大般若会

大般若会に合わせて、当寺では祈祷札を受け付けております。