施食会(せじきえ)

施食会について

 施食会

「施食」とは、「餓鬼に施す」という意味です。「餓鬼」とは、生前の悪行の報いで、”餓鬼道”に落ちた亡者のことをいいます。

起源は「お釈迦様の十大弟子の十番目で、お釈迦様のいとこである阿難(アーナンダ)尊者が、森の中で坐禅しているときに突然現れた餓鬼とのやりとりです。

「三日後、あなたの命はなくなり、私と同じ餓鬼道におちるだろう」と餓鬼に告げられた阿難尊者は、お釈迦様に相談されました。

施食会 施食会

お釈迦様は、阿難尊者に”<無量威徳自在光明加持飲食陀羅尼>という陀羅尼(お経のこと)がある。この陀羅尼を唱えながら、ひとつまみの食べ物を施すと、それが無量の食べ物となって、無数の餓鬼に施すことになる。そうすれば施主も寿命が長らえ、その功徳に寄って仏道を証得できるだろう”と教えられました。

阿難尊者はお教えのとおりに供養すると、数多の食べ物で多くの餓鬼を救うことができ、施主の寿命ものびたといわれています。

この説話が、施食会の始まりです。

施食会

施食会は、私たちと縁深いご先祖さまはもちろんのこと、祀り手のない仏様、無縁の仏様、全ての精霊に対し、たくさんのお供えをして供養の手をさし述べる法要です。近年では、お盆と同時期に行われるようになりました。